55歳F
 2022年12月19日、調理中にヒートテックの衣服に引火し、左半身にヤケド。〇〇病院形成外科を受診し入院となった。石鹸洗浄フィブラストスプレー®、バラマイシン、メロリンガーゼ®で治療。2023年1月6日に退院し、以後、同科に通院しているが、主治医の一人は早期皮膚移植を勧め、もう一人は保存的に上皮化させたほうがいいと説明し、主治医の間で意見が対立。受診の度に説明が異なるため、「この病院では駄目だ」と判断し、ネット検索。
 1月31日、当院を受診。ズイコウパッドで治療。写真は背部と左上腕前面。

1月31日

2月7日

2月14日

2月21日

2月28日

3月8日:36日後

3月22日:50日後

4月11日:70日後

5月6日:95日後

5月26日:115日後

6月13日:133日後

7月3日:153日後

8月18日:199日後
ドレニゾンテープ治療開始

9月22日:234日後

10月23日:265日後

11月14日:287日後

12/23 : 326日後

2024/2/9:374日後

4/19:444日後

6/14:500日後


 新しい創傷治療   なつい
キズとやけどのクリニック
 
 湿潤治療:医師リスト

【なつい式湿潤療法®
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】