39歳女。
 2021年7月24日,右頬部にニキビのようなものができて腫れてきたため。〇〇皮膚科を受診し,抗生剤とゲンタシン軟膏が処方された。以後,ほぼ毎日通院しては,中身を押し出して洗浄する処置を繰り返しているが,どんどん拡大して良くならないため,不安になってネットで検索。
 8月4日,当院を受診。右頬部に長径4cmの腫瘤があり,排膿していた。直ちに局所麻酔下にデブリードマンを行い,アルギン酸塩で内部を充填。抗生剤点滴を行った。なお,切除標本は炎症性肉芽腫であった。
 翌日からはズイコウパッドで被覆し,8月10日以降はプラスモイストハイドロコロイド包帯 アドバンスで創部被覆。

2021年8月4日

8月6日 8月10日 8月20日 9月14日

10月22日
79日後
11月26日
114日後
2022年1月15日
164日後
3月11日
219日後

8月19日
380日後


【なつい式湿潤療法®
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】