85歳女。
 2018年11月12日,左下腿蜂窩織炎で〇〇病院皮膚科を受診し入院し,抗生剤点滴を受けたが,下腿に水疱ができて傷になったためゲーベンクリーム®で治療。11月30日に退院となり,ゲーベンクリーム®が処方されたが,傷はさらに拡大した。外来では,感染して傷が深くなったので,細菌を除去するためにボディーソープでゴシゴシ洗うように指導された。キズはさらに広がった。12月25日,転倒して右足を捻挫し,△△病院整形外科に入院となったが,創部はゲーベンクリームの治療を継続。主治医から「この傷は治らないので,足切断が必要」と説明された。
 医師である甥から「その治療はおかしいと思う」と連絡があり,当院を受診するように教えてもらった。
 2019年1月8日,当院受診。ズイコウパッドで治療。

1月8日 2月4日
27日後
3月6日
57日後

4月17日
99日後
5月29日
141日後
7月17日
190日後

9月4日
239日後
11月1日
297日後
2020年8月7日
577日後

11月25日
687日後


2021年5月21日,1ヶ月前に同部をぶつけ,傷ができて治らないと受診。ズイコウパッドで被覆。

2021年5月12日
855日後
8月3日
938日後
10月6日
1002日後

2022年1月28日
1116日後
4月6日
1184日後



なついキズとやけどのクリニック

【なつい式湿潤療法®
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】