11ヶ月男。神奈川県東部
 2020年11月29日,テーブルの上のティファール電気ケトルをひっくり返して左上肢熱傷。〇〇病院に救急搬送され,アズノール軟膏とガーゼで治療。11月30日,△△皮膚科医院を受診し,リンデロンVGが処方された。両親がインスタグラムで湿潤治療を知り,ネット検索。
 11月30日,当院を受診。ズイコウパッドで治療。12月1日の時点では潰瘍底の循環は良好だった。
 12月3日に突然39.3℃の発熱があり,かかりつけの小児科を受診。12月5日に解熱したが,発熱の原因は不明とのことだった。
 12月5日に受診したが,潰瘍底は全て白くなり,循環障害の状態になっていて,その後,前奏皮膚欠損となった。過去に「熱傷治療中に川崎病を発病して高熱が続いた」症例を10例近く経験していて,その前例で浅い熱傷が3度熱傷に移行している。メカニズムは不明だが,この症例でも同様の減少が起きていたと考えられる。
 結局,一部に肥厚性瘢痕が生じ,6月5日よりドレニゾンテープの治療を開始した。

2020年11月30日 12月1日 12月5日

12月8日 12月12日 12月18日

12月23日
24日後
12月28日
29日後
2021年1月6日
37日後

1月25日
56日後
2月6日
68日後
2月19日
81日後

4月27日
148日後
6月5日
187日後
10月15日
319日後

2022年1月8日
404日後
5月21日
537日後



なついキズとやけどのクリニック

湿潤治療:医師リスト

【なつい式湿潤療法®
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】