44歳男。
 2016年10月1日,左第3趾の突然の腫脹と発熱で〇〇病院を受診し,糖尿病の診断を受けて緊急入院となり,インスリン治療開始となり退院。2018年7月,右第3趾糖尿病性壊疽で入院となり,第3趾切断術。11月28日,右第2趾切断も行ったが,創が治癒せず,VAC(陰圧吸引)療法開始。2019年1月23日に退院。
2018年9月に糖質制限を知り,直ちに食事を変更。内服薬を飲んでいたため低血糖となり,医師と相談の結果,内服薬は全て中止となった。その時点で血糖もHbA1cも正常であった。
 2019年1月23日,ネットで調べて当院受診。足底正中遠位に創離開を認め,ズイコウパッドで治療開始。10日ほどで傷は上皮化した。
 同年6月,右第5趾に潰瘍が出現。腐骨除去を行い,創部はズイコウパッドで被覆。

2019年1月23日 2月4日
12日後

2019年6月10日
138日後
6月17日 6月24日 7月1日

8月19日
208日後
8月28日
217日後
9月2日
222日後
9月9日
229日後

9月18日
237日後
10月2日
252日後

12月4日:315日後
右足底に胼胝ができて化膿した,とのことで受診。胼胝の下に膿瘍があり,厚い角質を切除して膿瘍を開放した。

12月16日:327日後

2020年1月6日:348日後
第5趾の潰瘍から腐骨が自然に排出された。

1月31日:373日後

2月15日:388日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/3179/index.htm】

【なつい式湿潤療法®
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】