【なつい式湿潤療法®
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】

 51歳女。埼玉県東部。
 2018年8月18日,調理中に衣服に引火して右上腕,右背部に熱傷受傷。〇〇病院に救急搬送され,以後,同院形成外科通院。8月27日,皮膚移植が必要で直ちに入院するよう説明されたが,手術が嫌だったため,ネットで調べて湿潤治療をしている△△整形外科クリニックを受診。当初はワセリンとプラスモイストでの治療だったが,9月13日にフィブラストスプレーに変更となり,激痛で治療を続けられなくなった。治療に不信感を持ちネットで検索。
 9月19日,当院受診。「皮膚移植をしなくていいなら,どれだけ時間がかかってもいいです」とのことだった。広範な全層皮膚欠損であり,上皮化までに1年以上かかることを説明し,ズイコウパッドで治療。

上腕全面 上腕後面
2018年9月19日

10月22日:33日後

11月20日:62日後

12月18日:90日後

2019年1月21日:124日後

2月26日:160日後

4月2日:195日後

5月14日:237日後

6月3日:257日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/3067/index.htm】