39歳女。
 2018年12月9日朝,湯たんぽが当たっていた右下腿外側に水疱ができていることに気付いた。自宅近くの〇〇皮膚科を受診し,デルモゾール軟膏,オルセノン軟膏,サトウザルベ軟膏が処方された。ネットで低温熱傷について調べて不安になり,医師に相談。当院に紹介状を書いてくれた。
 12月12日,当院受診。創傷治癒のメカニズム,低温熱傷の一般的な経過について説明。水疱膜を除去してズイコウパッドで被覆。当初は潰瘍底の循環は良好だったが,10日目ころから次第に白くなり,12月24日に局所麻酔下にデブリードマン。以後はズイコウパッドの被覆を続けた。

初診時の状態 水疱膜除去後
2017年12月12日

12月18日
6日後
12月25日
13日後
2018年1月5日
24日後

1月20日
39日後
2月5日
55日後
2月24日
74日後

3月17日
95日後
4月14日
123日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/2823/index.htm】
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】