1歳3ヶ月男。埼玉県南東部。
 2017年7月22日,ヘアアイロンで左前腕に熱傷受傷。〇〇病院救急室を受診し,軟膏ガーゼで治療。以後,同院皮膚科に通院。フィブラストスプレー®を噴霧してモイスキンパッドで被覆し,石鹸でよく洗うように指導された。4ヶ月通院しているが,傷は治らないため,母親は皮膚科医にもっといい治療はないのかと質問したが,これが最新の治療だと言われ,さらに,傷跡は残るが諦めるように,と説明された。
 その説明に母親は不信感をいだき,直ちにネットで検索。
 11月21日に当院を受診。ズイコウパッドで治療。2週間で上皮化が得られた。同様の深さの四肢熱傷の長期観察例の写真を見せ,1〜2年後にはかなり目立たなくなることを説明。

2017年11月21日 12月5日 2018年5月28日
188日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/2814/index.htm】
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】