3歳3ヶ月(当院初診時)男児。父親の仕事で中国浙江省在住。
 2012年12月28日(3歳0ヶ月),母親が料理をしているそばに行き,熱湯の入った鍋をひっくり返して顔面,全胸部,左上肢に熱傷受傷。直ちに上海の大学付属病院に入院となり,軟膏で治療。2013年2月9日に退院。
 その後,日本に住む祖母が東京新聞のティファール熱傷の記事を教えてくれたため,日本への帰国に合わせ,当科を受診した。
 初診時,高度の肥厚性瘢痕と左肘関節の瘢痕拘縮(伸展障害)を認めた。瘢痕が落ち着いた2013年4月上旬よりドレニゾンテープ貼付を開始した。その後,左肘は full extension できるようになった。

3月6日:全胸部 下顎部〜頸部 左上肢

3月27日
受傷後89日/初診後21日

4月8日
101日後/33日後

7月10日
194日後/126日後

10月23日
299日後/231日後

2015年7月17日
931日後/863日後

2016年8月19日
1330日後/1262日後

2017年3月15日
1538日後/1470日後

3月27日
1550日後/1482日後
7歳(小学校1年生)の時に,局所麻酔で連続Z形成術。手術は30分で終了したが,患者さんはパニックを起こすことなく,淡々と手術。

3月29日 4月7日
1561日後/1493日後
4月26日
1580日後/1512日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/270/index.htm】

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください