80歳男
2017年5月5日,バス乗車時にステップを踏み外して左下腿を強打。〇〇病院を受診し,XPで骨折はないと説明されて帰宅。帰宅後に痛みがひどくなり,練馬光が丘病院に救急搬送され,直ちに入院となった。5月8日,コンパートメント症候群を疑い,整形外科で手術したが血腫だった。術後も痛みは続き,自力歩行ができなかった。皮膚が壊死したため,5月12日に当科紹介となった。
 直ちに壊死した皮膚を切除し,大量の血腫を除去。創面はズイコウパッドで被覆。直後から足が軽くなり,痛みが消失した。歩けるようになったため退院を希望。5月17日,歩いて退院。以後,外来通院。治療法はズイコウパッドのみで薬剤は一切使用せず。また,現在までの半年以上の経過で発熱などの感染症状は一度もなかった。
 2017年10月以降は,練馬の大泉学園から一人で地下鉄を幾つか乗り継いで門前仲町のクリニックまで徒歩で通院。

5月12日 5月15日 歩いて退院 5月18日

5月23日
11日後
5月30日
18日後
6月6日
25日後
6月16日
35日後

6月27日
46日後
7月11日
69日後
7月21日
70日後
8月1日
81日後

8月29日
109日後
10月2日
143日後
11月20日
192日後
12月15日
217日後

2018年1月19日
252日後
2月17日
281日後
3月19日
311日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/2677/index.htm】
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】