10ヶ月女。
 2017年4月5日,ティファール電気ケトルのコードを引っ張って倒し,左上肢に熱傷。直ちに練馬光が丘病院ERを受診。プロペトとモイスキンパッドで治療。
 4月6日,当科受診。ズイコウパッドで治療。
 4月7日,40℃の発熱があり小児科入院となる。入院後,下痢が続き,糞便から病原性大腸菌(O-25)が検出され,これによる大腸炎との診断であった。
 入院直後から熱傷創面は一気に白くなり,数日後には創面はすべて黒色痂皮で覆われたが,ズイコウパッド被覆を続けることで自然に融解した。5月8日から過剰肉芽にリンデロンVG軟膏を併用。2日で過剰肉芽は著明に改善。
 10月7日から肥厚性瘢痕にドレニゾンテープを使用。

4月6日 4月7日 4月10日 4月12日

4月17日:11日後 4月25日:19日後 5月8日:32日後 5月15日:39日後

5月22日:46日後 5月29日:53日後 6月7日:62日後 6月14日:69日後

6月23日:78日後 7月5日:90日後 7月12日:97日後 7月26日:111日後

8月7日
123日後
8月21日
137日後
10月7日
184日後
11月28日
236日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/2644/index.htm】
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】