48歳男。埼玉県
 学生時代に野球をしていた頃から何度か左第1趾の爪が剥がれ,自分で処置して治した。2017年1月に爪の根元から膿が出てから,爪が浮いた状態となり治らない。
 3月初めに当科受診。爪床が瘢痕化したため爪甲が爪床から浮いていると推察。抜爪後に瘢痕化した爪床を切除することで正常に近い爪床が再生する可能性がある,と説明し,「ダメ元でいいですから手術してみてください」とのことで3月15日に手術。
 肉芽と瘢痕を切除し,ヘモスタパッドで被覆。翌日からはズイコウパッドで爪床を被覆。
 なお,手術翌日から痛みはほとんどなく,普通に仕事もできた。

3月15日 抜爪直後 瘢痕切除

3月16日 3月23日 3月30日 4月6日

4月13日
29日後
4月27日
43日後
5月11日
57日後
6月1日
78日後

6月22日
99日後
7月13日
120日後
8月14日
152日後
11月4日
234日後

2018年1月5日
296日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/2620/index.htm】
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】