25歳女。埼玉県。
 2017年1月7日深夜,駅の階段から転落し,左下腿の裂挫創を受傷。〇〇病院救急室に救急搬送され,以後,同院整形外科に通院し,抜糸後は同院形成外科に通院している。フィブラストスプレー®アクトシン軟膏®ゲーベンクリーム®が処方され,創部は石鹸でよく洗うように指導された。通院するたびに痛みがひどくなり,普通に歩けなくなって松葉杖が必要になった。傷がどんどん悪化していき,医者も「今後の見通しについては全く不明」としか説明しないため,不信感をいだき,ネットで検索。
 2月8日,当科受診。ワセリンを塗ったヘモスタパッドで被覆したところ痛みが軽くなった。1週間後には松葉杖も不要になった。

2月8日

2月8日 2月15日 2月22日 3月8日

3月22日
42日後
4月5日
56日後
4月25日
76日後
6月7日
119日後

8月10日
183日後
11月15日
280日後
12月13日
308日後
2018年1月17日
343日後

3月24日
409日後


【アドレス
http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/2587/index.htm】
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】