1歳0ヶ月男。埼玉県。
 2016年10月5日,炊飯器の蒸気で左手にヤケド。〇〇皮膚科を受診し,石鹸でよく洗うように指導され,デルモゾール軟膏が処方された。帰宅後,母親はネットで熱傷について検索。10月7日,湿潤治療を行っている友愛病院を受診。深いヤケドのため,当科紹介となった。
 10月11日,当科受診。両親に「左環指は掌側の深いヤケドであり,1歳0ヶ月と幼いため,瘢痕拘縮は避けられない」ことを説明。その上で,とりあえず湿潤治療で上皮化させ,その後,瘢痕拘縮については「手外科専門医」のいる病院に紹介します,という方針を説明し,ズイコウパッドでの治療開始。
 12月の時点で,△△大学付属病院形成外科に紹介。4月7日に「瘢痕拘縮形成術+植皮」手術が行われた。

10月11日 10月13日 10月17日 10月27日 11月7日

11月11日
31日後
11月22日
42日後
12月2日
52日後
2017年4月27日
198日後
5月29日
230日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/2502/index.htm】

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください