1歳3ヶ月女。神奈川県。
 2016年1月24日,棚の上においてあった熱湯の入ったマグカップに手を伸ばして倒し,顔面,左肩〜上腕,左背部に熱傷受傷。〇〇大学付属病院も救急搬送され,軟膏とガーゼで治療。以後は同院形成外科に通院。リンデロン軟膏,フィブラストスプレー®での治療となった。
 傷跡は残ると説明されたため,両親はネットで「傷跡が残らないヤケドの治療」を検索。
 1月27日,当科を受診。顔面はハイドロコロイド被覆材,左肩と背部はプラスモイストで治療。

 肥厚性瘢痕に対し,2016年6月からドレニゾンテープを開始。2017年1月からシリコンジェルシートに変更。

1月27日

1月29日

2月1日:5日後

2月4日:8日後

2月8日:12日後

2月12日:17日後

2月19日:23日後

3月4日:37日後

4月12日:76日後

6月29日:154日後

9月2日:219日後

11月22日:300日後

2017年1月25日:364日後

3月13日:411日後

5月16日:475日後

8月1日:552日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/2069/index.htm】

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください