7ヶ月女。千葉県柏市
 2015年5月ゴールデンウィーク明け,寝返りをしたところに床に置いてあった母親が使ったばかりのヘアアイロンがあり,右頬部に熱傷受傷。〇〇大学△△病院皮膚科を受診し,リンデロン軟膏が処方された。その後,両親がネット熱傷治療について調べ,「ヤケドは保険診療ではきれいに治らない。当院は私費診療だが秘伝の軟膏を使うのできれいに治る」と宣伝している◇◇医院を5月16日に受診。「私費診療で一日2,000円」と説明されたが,1週間分の薬代も含め16,000円が請求されたことから不信感をいだき,再度ネット検索し,湿潤治療を知り,杉並区の柿田医院を知り,電話で相談したところ,当科を受診するようにアドバイスされた(ちなみに,柿田先生は東京で最も早く湿潤治療を始めた一番弟子にして盟友!)。
 5月22日,当科を受診。右頬部と右耳前部に2条の熱傷潰瘍を認めた。深い熱傷であり時間がかかることを説明し,ハイドロコロイド被覆材で治療。2週間ほどで上皮化が得られたが,発赤が強いため,それ以降も紫外線カットのためにハイドロコロイド被覆材貼付を続けるように説明(ハイドロコロイドは紫外線カット率96%!)
 その後,9月よりドレニゾンテープで治療。

5月22日 5月28日 6月12日

6月26日:35日後 8月7日:77日後 9月4日:105日後

10月2日:133日後 11月5日:167日後 12月4日:196日後

2016年7月6日:411日後 8月17日:453日後 10月3日:500日後

11月8日
536日後
12月20日
578日後
2017年2月15日
635日後

4月4日
683日後
5月23日
732日後
7月18日
788日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/1657/index.htm】

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください