手荒れ用ハンドクリームは手にどう作用するのか?


 以前から気になっていた,ハンドクリームの皮膚に対する作用を(自分の体で)ちょっと実験してみた。とはいっても,かなりいい加減な実験だけどね。
 ちなみに,実験に使用したクリームは,病院の売店で売られていた【ウレノア ホワイト しっとりなめらかクリームN 尿素10%配合】で,自腹を切って購入したものである。ま,威張るほどの金額ではないが,やはり実験というやつは自腹を切るか切らなくてもいいかで,切実感が違うような気がするのだ。


【クリームは油を溶かすのか?】

実験に使用した市販のハンドクリーム 上がワセリン,下がクリーム 15秒ほど混ぜてみた


【ワセリンを塗るとどのくらい水をはじくのか】


【ハンドクリームとワセリンの比較実験】

橈側にクリーム,尺側にワセリン 両者を十分に塗り,3分間放置 ワセリンとクリームをふき取ったところ



 以上から,「しっとりなめらか」をうたっているハンドクリームは,手の健康に必要な油分(皮脂)を乳化し,それが洗い流されるのを助長していることが明らかとなった。
 実際,クリームは塗っている最中はスベスベして,いかにも手の皮膚を保護しているような感じがするが,クリームを洗い流してみると,洗う前よりがさついていることを体感できた。こういうハンドクリームを毎日手に塗るとどうなるかは,言うまでもないだろう。

 化粧品メーカーは,自分の手にクリームとワセリンを塗ってみて,一体どちらの皮膚がスベスベしているのか,ガサガサになるのはどちらなのか,本当にクリームで手荒れ治るのかを,自分の体で実験すべきだと思う。

 少なくとも私の皮膚では,たった5分の使用でも違いは明らかだった。

 こうなると,次なる人体実験(?)として,ワセリンとクリームを1週間くらい連続使用し,皮膚の状態を実体顕微鏡で観察する方法を考えている。というわけで,パソコンのUSBに接続できる顕微鏡を物色中。


 化粧品メーカーからの反論をお待ち申し上げております。

(2008/01/09)

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください