傷にイソジン(R)を塗るとどうなるのか?


【目 的】
 ポピドンヨード(イソジン(R))を傷に塗るとどうなるのだろうか。本当に傷の治癒を障害するのだろうか。細胞レベルでは細胞障害性は確認されているが,人体でそれを確認した実験はまだないようだ。ならば自分の体で試すしかない。


【Material and Method】
 筆者自身の左前腕伸側遠位に角質損傷モデルを作成し(ガムテープを張っては剥がし・・・を30回繰り返した),それを3つに分け,それぞれイソジン塗布,ドレッシングで覆わずに乾燥,ワセリンを塗布してフィルム材で密封とした。イソジンとワセリンは一日数回塗布とし,塗布する前に十分に水道水でしてから再度塗布した。
 観察は実体顕微鏡Dino-Lite Plusで行い,倍率は65倍前後とした。


【結 果】

3月3日:損傷前の状態 30回の剥離刺激後 その時の状態 イソジン塗布! 痛い!


3月4日:イソジン塗布 乾燥 ワセリン塗布+フィルム密封


3月5日:イソジン 乾燥 ワセリンとフィルム 洗ってみたらイソジン部だけ・・・


3月6日:イソジン 乾燥 「ワセリン+フィルム」と乾燥部の境界


3月7日:イソジン 同じ日の別のイソジン部 全体像

3月7日:イソジンと正常皮膚の境界 イソジンと正常皮膚の境界 乾燥部と正常皮膚の境界 湿潤部と正常皮膚の境界


【わかったこと・考察】

(2008/03/10)

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください